社労士OLの生活術> 知らないともらえない!

知らないともらえない!

役所へは自分からください!と言わないとお金がもらえないんです。お金を払うときはなぁんにも言わなくても、請求書が勝手に来ます。もらうときは知らないともらえないんですよ。知らないともらえるお金ももらえないんです。

「知らなかった!」と訴えても時効や期限が過ぎてもらえないんですよ。たとえば年金ですが、年齢になったら勝手にもらえるわけではありません。自分は年金をもらう権利を持っているから下さい!と役所に届け出なければもらえません。これを「裁定請求」といいます。


シェラが勤務社労士として年金の仕事をしていると、むずかしいからさっぱりわからん!という声をよく聞きました。確かに年金は制度が複雑なうえ、改正が多くプロである社労士でもむずかしい分野です。


具体的な話は開業社労士の先輩方におまかせして、基本的なことや直接関係ありそうなこと、意外に知られていないことなど、年金の話を中心に知らないと損する知識をわかりやすくお伝えしたいと思います。

最初は「年金の話」から作り始めたんですが、ちょうど年末調整の仕事を開始して、未経験者に教える立場になったことから「税金の話」も書き始めました。このさいこだわらずにいろんなことを書いていこうと思っています。

少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです♪

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録