社労士OLの生活術> 保険の話

税金からみた生命保険

生命保険の保険料を払った場合、「生命保険料控除」がうけられます。郵便局の「簡易保険」も対象になります。生命保険会社や郵便局が発行した控除証明書をそろえましょう。

支払った生命保険料の金額がそのまま認められるわけではありません。
支払った生命保険料の金額によって、それぞれワクが決まっています。


年間の支払保険料の合計 控除額
25,000円以下 支払金額
25,000円を超え50,000円以下 支払金額×1/2+12,500円
50,000円を超え
100,000円以下
支払金額×1/4+25,000円
10万円超 5万円

生命保険料控除」には
一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の
2種類があります。


   支払保険料とは、その年に支払った金額から、
    その年に受けた剰余金や割戻金を差し引いた残りの金額を
    いいます。
    「その年に支払った生命保険料の金額」−「その年に受けた
    剰余金や割戻し金」を上の表にあてはめます。


「一般の生命保険料控除」で5万円、「個人年金保険料控除」で5万円。
2つ合わせて10万円が最高限度額です。
  保険の種類のところに「年金」とあっても、「個人年金
        保険料控除」の対象にならない場合があります。
        証明書に「一般用」「個人年金用」と書いてありますので、
        どっちに当てはまるかよく見てみましょう。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録