社労士OLの生活術> 社会保険の話

給料明細を見てみよう その2

 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)

  保険料は毎月決まった金額になります。
  日割り計算はされませんので、例え30日に入社しても月額です。

今月引かれている保険料は前月分です。
   4月分の保険料は5月に支払われる給料から差し引かれます。
(法的には翌月の給料より差し引くことになっていますが、同月の給料から差し引いてる会社もあるようです)


40歳から64歳の方は介護保険料も健康保険料に加算されて
差し引かれます。


給料が上がったり下がったりしたのに ランクがそのままだと
本当にもらってる給料とランクがだんだん違ってきます。
そこで年に1回保険料の見直しをします。
4月から6月に支払われた給料をもとに毎年1回見直しをして、その年の9月分の保険料から変わります。10月の給料明細を見てくださいね。

保険料を計算するもととなる時期に残業が多いと保険料が高くなります。春に残業がいっぱいあって他の時期は残業がまったくなく給料が少なくなっても、保険料は残業手当がいっぱいついてるときの給料で計算されるのです。

毎年1回保険料の見直しをしますが、他の時期に出世して給料がぐ〜〜んと上がったり、反対に給料が大きく下がったりしたときはそのたびに保険料の見直しがあります。


 雇用保険料
 毎月金額が変わります

5つの社会保険のうちひとつたりないですね。
労災保険は全額会社負担なので給料からは引かれていません。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録