社労士OLの生活術 > 女社労士の事件簿 > 女社労士になる前の事件簿〜解決編〜


女社労士になる前の事件簿
 〜解決編〜


(前回までのあらすじ)
年金相談員にはかんたんにすぐなれる、という大先輩。
それも好きなところの年金相談員になれるとか。

社労士とはそこまでおいしい職業なのか?!


(本編)

「好きなところ・・・ですか?」 ぽか〜〜ん(゜o゜)!!

そうそう
ニコニコニコ・・・・

「でも、家から近いほうがいいね。通いやすいからね。」
ニコニコニコ・・・・

「はぁ・・・」


好きなところでいいって??
しかも、家から近い・通いやすいとこでいいの??

若くても年金相談員になりやすい銀行があるんじゃなくって??
こっちから選べるわけ?

そんなおいしい話があるのか??
社労士ってそんなにおいしい資格だったの??


好きな銀行の支店に行って、
社労士だけど年金相談員になりたい、って言えば、
ははー、ありがたき幸せ、って迎えいれてくれるわけ?
(シェラは時代劇好き)


開業社労士の体験談では、そんな甘いもんじゃなかったけどなぁ。
半年は無収入だったとか、仕事なかったとか。
苦労話ならたくさんあったけど・・・。


そうか!( ̄□ ̄;)!!

蛇の道はへび」って言葉があるけど、なんか裏技があるんだよ!


「わかりましたぁ!家の近くですね。」
高鳴る希望。(*'-'*。)(。*'-'*)。ワクワク 


「そうそう、家の近くの好きな銀行に行って、




数千万円預金するだけでいいよ。」



コケッ! ミ(ノ;_ _)ノ =3


「ね、かんたんでしょ?」
ニコニコニコ・・・・


( ̄□||||!! 「か・・・かんたん・・・ですね・・・」




経験積むより

を積め、ってかぁ〜〜〜!!


期待が大きくなってた分、落胆も大きいシェラであった。
おしまい。

シェラはおちょくられたのかも?

銀行や信用金庫の年金相談会に行って、
相談に答えてる社労士に、
おたく、なんぼ預金してますのん?
なんて聞かないでくださいねーー!!


似顔絵 小雪さん作
事件簿ファイル
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
社労士OLの生活術 > 女社労士の事件簿 > 女社労士になる前の事件簿〜解決編〜