社労士OLの生活術> 社労士OLのニュースな小部屋

改正高年齢者雇用安定法
 2006年4月1日施行

高年齢者等の雇用の安定に関する法律が一部改正され、65歳までの定年の引き上げ・継続雇用制度の導入など義務化された。2006年4月1日から施行される。【2006/3/31】

高年齢者雇用安定法の改正により、平成18年4月1日から年金支給開始年齢の段階的引き上げにあわせて、65歳までの定年の引き上げ、継続雇用制度の導入など、「高年齢者雇用確保措置」をとることが義務化されました。



社会保険労務士試験は改正点がよく出題されます。少子高齢化・厚生年金の支給開始年齢の段階的引き上げにからんだ「高年齢者雇用安定法の改正」。・・・出題されそうですね。シェラが2006年の受験生なら、確実につぶしておきます。社労士受験生は要チェック!!

高年齢者雇用確保措置
@定年のひきあげ
A継続雇用制度の導入
B定年の定めの廃止

継続雇用制度には2種類あります。
「勤務延長制度」・・・定年年齢になっても退職させず、引き続き雇用する。
「再雇用制度」・・・・・定年年齢になったら一旦退職させ、再度雇用する。


実務的にも、在職老齢年金とのからみで、給料はいくらだと年金はいくらカットされるか、といったシュミレーションを作成して、役員に提出しました。厚生年金をもらいながら社内で働く人が増えるので、在職老齢年金の試算の仕事がこれから増えていきそうです。

年功序列型の給料体系や退職金制度の見直しなど、社会保険労務士資格を活かせる機会がこれから増えていく社会になるんじゃないかなぁと思います。

資格に挑戦・スキルアップ
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録