社労士OLの生活術> 社労士OLのニュースな小部屋

高齢者虐待防止法 2006年4月施行

2005年11月1日に成立した「高齢者虐待防止法」が2006年4月1日より施行された。高齢者虐待は介護による負担が大きな原因とされていることから、支援も盛り込まれている。
【2006/5/11】

児童虐待防止法、DV法に続いて、高齢者虐待についても、防止法が成立したことになります。


正式名称は「高齢者の虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」

高齢者:65歳以上
養護者:高齢者の介護・世話をする親族など

虐待というのは、暴力をふるうことだけではなく、体が弱ってしまうほど食事をさせなかったり、本人の財産を無断で使ってしまったり、暴言で傷つけることも虐待です。

高齢者虐待防止法」では、高齢者の虐待を@身体的虐待A介護放棄B心理的虐待C性的虐待D経済的虐待、と定義しています。


虐待の多くは、家庭の中で起こっているため、発見が遅くなります。高齢者虐待を見つけた人には、市町村への通報が義務付けられました。生命の危険があるような虐待の場合は、市町村は虐待している家庭や施設を立ち入り調査でき、調査を妨害したら罰せられます。


年金は本人が死ぬまで確実に振り込まれます(参考:年金は死んだら終わり」「年金は請求しないともらえない」)。
本人には食事も与えず死亡させ、父親の年金を勝手に使っていた娘が逮捕される事件もありました。家族からの年金に対する問合せにも、うかつには答えられません。「成年後見制度」の利用も進むかもしれませんね。

わかりやすい年金の話
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録