社労士OLの生活術> 社労士OLのニュースな小部屋

雇用保険料、引き下げを検討

厚生労働省は雇用保険の保険料を2007年度から引き下げる方針を固めた。【2006/6/7】

景気が回復してきたのを受けて、失業手当を受ける人が減り、雇用保険の財政状態が改善しました。

現在は給料の1.6%を労使で折半していますが、1.4%とする案で検討され、12月ごろに正式決定なるようです。


引き下げは1993年度以来、14年ぶり。サラリーマンや会社の負担が年間で2500億円軽くなる見込みです。



<雇用保険率の弾力的変更>
厚生労働大臣は、毎会計年度において、積立金残高と単年度黒字の合計が失業給付額の2倍を超えた場合、または失業給付額を下回った場合は、原則の料率プラスマイナス1000分の2の範囲内で保険料率を変更することができる。

得して安心 社会保険の話
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録