あの北村庄吾先生の講義が受講できます!

10万円超現金振り込みルール変更

銀行など金融機関で10万円を超える現金を振り込む際のルールが変わります。【2007/1/4】

金融機関のATMを使った現金の振り込みが、平成19年1月4日から1回10万円以下に制限されます。

本人確認法の政令改正で、10万円超の現金振り込みがATMではできません。窓口で免許証・健康保険証などの本人確認資料を提示する必要があります。

本人確認資料(金融庁HPより)
個人の場合: 運転免許証、健康保険証、旅券(パスポート)、国民年金手帳、母子健康手帳、身体障害者手帳、外国人登録証明書、住民基本台帳カード(氏名、住居、生年月日の記載があるもの)など
法人の場合: 登記事項証明書など


預貯金口座からの振り込みは、口座開設時に本人確認手続きをしていますので、今までどうり可能です。口座開設時に本人確認手続きが済んでいない場合は、本人確認資料の提示がないと振り込みができない場合があります。



入学金の振込みに特に注意
締め切りに間に合わないと入学できない!!

振り込み用紙と一緒に本人確認資料を必ず持って行くようにしてください。
親(保護者)が振り込みをする場合には、親(保護者)の本人確認資料、受験生が自分で振り込みをする場合には、受験生本人の本人確認資料が必要になります。


<参考>
本人確認法
平成15年1月6日施行。正式名称は「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」。金融機関の顧客管理体制の整備を促進し、マネー・ローンダリング、テロ資金への利用をふせぐことを目的としている。

シェラはネット銀行を愛用しています。24時間振り込みができるので便利ですよ。ネット銀行を使いこなそう

社労士とは
お仕事カタログ・社会保険労務士独立系資格・専門職資格として、人気の社労士資格。年金や人事労務のエキスパートです。
【生涯学習のユーキャン】社会保険労務士講座
生涯学習のユーキャンは、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、役立つ資格から、趣味、実用講座などさまざまな通信教育をご紹介しています。今年の目標もユーキャンで!
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
   スポンサードリンク
   

 Copyright (c) 2004-2007 社労士OLの生活術  管理人:シェラ  All Rights Reserved. 
免責事項  サイトマップ  お問合せ