あの北村庄吾先生の講義が受講できます!

定率減税の廃止 平成19年度分より

平成11年に景気対策として導入されていた定率減税が平成19年度分より廃止されます。【2007/1/9】


所得税は平成19年1月以降に給料から差し引かれる分、住民税は平成19年6月以降に納付分より定率減税が廃止されます。確定申告でいうと、平成20年2月〜3月に申告する分からになります。

*所得税は1月〜12月、住民税は6月〜5月で1年です。


定率減税の内容(総務省HPより)
所得税 住民税
H19年(度)分〜 廃止 廃止
H18年(度)分 税額の10%相当額
を控除
(12.5万円を限度)
税額の7.5%相当額
を控除
(2万円を限度)
H17年(度)分 税額の20%相当額
を控除
(25万円を限度)
税額の15%相当額
を控除
(4万円を限度)


所得税=国税 =国に納める税金
住民税=地方税=都道府県や市町村に納める税金所得税=国税


たとえば、所得税額10万円の場合、平成18年度は10万円のうち1万円減税されていましたので、実際の支払所得税額は9万円。平成17年度だと8万円。平成19年度からは10万円になります。所得ではなく税額から差し引かれていましたので、かなり大きいですね。

社労士とは
お仕事カタログ・社会保険労務士独立系資格・専門職資格として、人気の社労士資格。年金や人事労務のエキスパートです。
【生涯学習のユーキャン】社会保険労務士講座
生涯学習のユーキャンは、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、役立つ資格から、趣味、実用講座などさまざまな通信教育をご紹介しています。今年の目標もユーキャンで!
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
   スポンサードリンク
   

 Copyright (c) 2004-2007 社労士OLの生活術  管理人:シェラ  All Rights Reserved. 
免責事項  サイトマップ  お問合せ