社労士OLの生活術> 税金の話

生命保険を見直そう

生命保険は家の購入に続く大きな買い物と言われています。

「生命保険料控除」は「一般の生命保険料控除」で5万円、「個人年金保険料控除」で5万円。2つ合わせて10万円が最高限度額です。

たとえば、一般の生命保険料を年に7万円、
個人年金保険料を年に12万円支払っていたとします。

一般の生命保険料控除額は  42,500円。
           (70,000円×1/4 + 25,000円)
個人年金保険料控除額は   50,000円。
           (10万円以上は5万円が限度)
所得税の計算で認められるのは、年に19万円支払っても、92,500円だけです。たとえ生命保険料を年間に100万円以上支払っていても、税金の計算のときに認められる(控除される)のは最高10万円です。

自営業のかたなどは厚い保障が必要になってくると思いますが、サラリーマンの場合は亡くなったあと遺族に遺族厚生年金が支給されます。もし万が一の場合、社会保険でどのくらい保障されるかも考えて生命保険を見直してみるといいかもしれません。

必要な保障額は年やライフスタイルによって変化します。独身のとき、結婚したとき、家を買ったとき、子供が生まれたときなど、必要保障額シミュレーション してみるといいですね。

とくに独身のときは死亡時の保障はまずいりません。
医療保障だけで十分でしょう。シェラも今は医療保障だけです。

シェラが年末調整2万人分の仕事をしていてビックリしたのが、こんなに必要あるの?と思うくらい生命保険料の金額が高い人があまりにも多かったことです。人それぞれ考え方や事情もあると思いますが、見直してみるのもいいかもしれませんね。

生命保険無料見積もりサイト

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録