社労士OLの生活術資格取得のススメ

資格にかかるお金

資格をとるには、お金がかかります。まず絶対必要なのが、資格試験の受験料。独学でも、最低限の参考書や問題集などの本代がかかりますね。

通学や通信など資格スクールを受講すると、それなりのお金がかかってきます。資格スクールの講座を受講すると、下は3万円ぐらいから20万円くらい。公認会計士・税理士など超難関資格になると、100万円ぐらいはかかるでしょうか。

雇用保険にはいっていて条件をみたしている人は、「教育訓練給付金」を受けると、安く受講することができます。くわしくは雇用保険でスキルアップをどうぞ。

目に見えるお金だけかかるわけではありません。実際に使われるお金ではありませんが、目に見えないお金もかかってきます。

社労士試験に合格するには、勉強時間が700時間は必要とされています。1日5時間勉強するとして140日、5ヶ月近くかかります。こまかいようですが、時給1,000円としたら700時間で70万円になります。
サラリーマンやOLの方は月給制なので、ピンと来ないかもしれません。ものすごくおおざっぱですが、年収300万円の場合、会社が払っている社会保険料など福利厚生費も入れると、時給2,000円ほどになるでしょうか。時給2,000円で700時間としたら、140万円になります。

受験料や参考書・問題集代、資格スクール代、資格スクールまでの交通費や受験勉強しないで働いていたら稼げたお金など考えると、資格をとるというのは、ものすごくお金がかかることだとシェラは思います。

1年合格するのが遅くなると、ますますお金がかかることになります。やるからには意地でも合格してやろう!!と思いませんか。


合格したあとも資格によっては、登録料や維持費がかかってきます。会員登録して、年会費や月会費が必要になってきたり、ある期間が過ぎると更新料がかかることがあります。

シェラは合格後にかかるお金を見て、受験するかどうか考えるようになりました。コストに見合うかどうか見きわめることも必要ですね。

資格に挑戦 スキルアップ
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録